2016.09.27

東海電子、アルコール測定システムで運輸業者2万社のネットワークを構築
安全・安心・健康を実現し、生きた関係を維持

静岡県の東海電子は、国内の運輸業者約2万社のネットワークを構築している。国内の貨物自動車運送事業者数とバス事業者、タクシー法人事業者数の合計は約8万5000社(国土交通省および全国ハイヤー・タクシー連合会データ)。従って東海電子は国内の約1/4の運輸業者とネットワークを築いていることになる。...
2016.09.23

システック、完全マーケットイン型コンサルティング製造事業を展開
「下請けから脱却する手段の一つとして、これほどよいビジネスモデルはない」

静岡県にユニークなビジネスモデルを展開している中堅企業がある。浜松市に本社を置く中堅企業システックである。同社は顧客企業と定期的なミーティングを開催し、相手の課題・困り事を聞き出し、それに対するソリューション製品を提案する。ソリューション製品は顧客企業と共同で開発し、同製品に付随する新技術に関しては特許を顧客企業と共同で出願する。開発した製品は顧客の合意の下、自社製品として販売する。このビジネスモデルを一言で表現すれば、「完全マーケットイン型コンサルティング製造事業」と呼ぶことができよう。...
2016.08.29

パルステック工業、ポータブル型X線残留応力測定装置を従来比1/2に小型化、測定時間を30%短縮

ポータブル型X線残留応力測定装置がさらに小型化され、測定時間も大幅に短縮した。静岡県のパルステック工業が7月に発売した「μ-X360s」は、同社従来装置と比較して1/2の小型化、30%の測定時間短縮を実現している。同社代表取締役社長の鈴木幸博氏は「μ-X360sは従来のμ-X360(現在生産中止)、μ-X360nに続くシリーズの一貫として開発したものであり、今回は世界最小・最軽量に仕上げ、内径170mmの配管内部の残留応力を非破壊で測定できるようにした。測定時間も90秒だったものを60秒に短縮した。今年度中に60台の販売を目指す」と市場開拓に意欲を示す。...
2016.07.22

オープンイノベーション静岡、アドバイザーと中堅企業経営者が真剣勝負
新規事業か、本業強化か、見直す絶好の機会に

「アドバイザーからの助言に基づき、主力事業である二輪車のマフラー事業をより一層強化することにした」(榛葉鉄工所代表取締役社長 榛葉貴博氏)。「会社内では私に意見をしてくれる人はほとんどいない。アドバイザーの助言に耳を傾け、自分が抱えていた迷いを整理できた」(西山工業代表取締役社長 小林公一氏)。これらの発言は、静岡県の中堅企業を支援する産業戦略推進センター「オープンイノベーション静岡」のアドバイザリー・ボードに参加した2人の社長の感想である。...
ページトップへ